ひきこもりのおとも

おうち大好きおみつがひきこもって更新します

羊毛フェルト 雀の作り方

こんにちは。おみつです。

羊毛フェルトで今回はスズメの作り方をご紹介したいと思います。

 

 

もふもふ冬毛のスズメさんかわいいですよね!今回はそんな丸々のスズメを目指して作りました。

 

 

 

完成品はこちらになります↓

 

f:id:omitsublog:20181123134708j:plain

 

 

 

 

 

材料

 

・羊毛フェルト

・綿

・ニードル

・極細仕上げ用ニードル

・フェルティングマット

・カッティングマット

・目玉ボタン

・木工用ボンド

・目打ち

 

 

 

 

芯を作る

 

最初から全部羊毛フェルトで作ると、消費量が凄いことになってしまいますので、最初は綿で芯を作り節約します。

 

f:id:omitsublog:20181123134451j:plain

 

 

結構多めに取りました。

最終的には割と小さくなりますので、多めに取った方がいいです。

 

 

 

これをまずは、手で少し丸めます。

その後にニードルをひたすらに刺して、少し楕円形の形になるように整えていきます。

 

 



f:id:omitsublog:20181122165717j:image

 

 

 

だいぶ小さくなりました。

これで芯が出来ましたので、次は肌を着色していきます。

 

 

 

 

肌を着色

 

芯に色を着色していきます。

まずは全体に肌色の羊毛フェルトをつけていきます。

ですが、最終的にこの色が見えるのはお腹の部分だけなので、その部分さえちゃんとついていれば、他の部分はやらなくても構わないと思います。

ただ、完成した時に芯の綿は全部隠れるようにしないとダメです。なので私はこの肌色の段階で一応全体に羊毛フェルトをつけてしまいましたが、お好みで。

 

 

f:id:omitsublog:20181122165351j:plain

 

 

 

次は、顔から頭の部分にあたる、上1/3ほどに白い羊毛フェルトをつけていきます。

 

 

f:id:omitsublog:20181122165441j:plain

 

 

 

白い部分は首の部分とほっぺの部分になりますので、それを意識しながら頭の部分と背中と羽の部分をブラウンの羊毛フェルトで模様を作っていきます。ココが一番むずかしいかもしれません。なるべく左右対称になるように…。とは言っても後で修正はできます。




f:id:omitsublog:20181122165819j:image

 

 

後ろ↓


f:id:omitsublog:20181122165844j:image

 

 

 

模様が出来たら立体にしていきます。

 

 

 

くちばしと羽と尻尾

 

くちばしと羽と尻尾をつけて立体にしていきます。

まずはくちばし。

 

 

とは言っても特にコツはないです…。丸めてつけるだけなんですけど、先が尖るように、円錐になるように、がんばるだけです。

 

f:id:omitsublog:20181122165909j:plain

 

f:id:omitsublog:20181122165919j:plain


尖っている先の方を上から刺すと、尖りが潰れますので注意です。

 

 

 

次は羽をつくります。

大体同じ大きさ、形、厚みの羽を二つ作ります。

 

f:id:omitsublog:20181123134506j:plain

 

 


それを体の羽の部分につけていきます。


f:id:omitsublog:20181123134537j:image

 

 

体に巻き付けるように刺していきます。


f:id:omitsublog:20181123134551j:image

 

 

 

こんな感じになりました↓

f:id:omitsublog:20181123134608j:image

 

 

後ろ↓


f:id:omitsublog:20181123134622j:image

 

 

 

羽がついたらその間に尻尾をつけていきます。

リアルスズメは尻尾が体より少し黒っぽい色だったので、濃いブラウンと混ぜて作ってみました。長細い四角を作って羽の間につけるだけです。

 


f:id:omitsublog:20181123134649j:image

f:id:omitsublog:20181123134703j:plain

f:id:omitsublog:20181123134737j:plain



だいぶスズメっぽくなってきました。

体から突然尻尾が出ているのは変なので、体のラインからそのまま尻尾になるようになめらかになるように肉付けをします。その方が結合部分の安定感も増します。

 

 

 

 

体の形は大体出来上がりました。後は肉付けするだけなので、次は顔の造形をやっていきます。

 

 

 

 

顔を作る

 

 

濃いブラウンで目の周りの模様を作ります。カモメのような形です。

なるべく左右対称になるように。

 

 

f:id:omitsublog:20181124120322j:plain



眉毛じゃないよ。



f:id:omitsublog:20181124120501j:image



f:id:omitsublog:20181124120408j:image

 

 

頭のブラウンとの隙間が空いてしまったところは、頭のブラウンの羊毛フェルトで埋めます。

 

 

 

次は目を付けていきます。

濃いブラウンの模様上で目の位置を決めて、目打ちで穴を開けます。左右対称になるように。

目の裏に木工用ボンドをつけて、穴の中に入れます。

 

f:id:omitsublog:20181124120546j:plain

 

 

このままだと出目金ですので肉付けをしていきます。

 

 

 

 

肉付け

 

出目金を抑えるために、顔周りに肉付けしていきます。

まず頭をブラウンでボリュームアップ&さっき目の模様と開いてしまった隙間部分を埋めます。

 



f:id:omitsublog:20181124120625j:image

 

 

 

途中でだいぶヤンチャになります。

これはこれでかわいいかも笑 ヤンキースズメ笑

 

 

 

ほっぺも肉付けでぷにぷににします。

 


f:id:omitsublog:20181124120657j:image



ほっぺは肉付けしたら濃いブラウンで模様をつけます。



f:id:omitsublog:20181124121100j:image

 

 

 

くちばしや目の周りにも肉付けして、出目金じゃなくなるまでやっていきます。

 

 

次は尻尾あたりの肉付け

体のラインから自然に尻尾がつながるように。

 

 

f:id:omitsublog:20181124120924j:plain

f:id:omitsublog:20181124120940j:plain

 

 

途中でブラウンの羊毛フェルトがなくなってしまったので、薄ブラウンと濃いブラウンを混ぜてやりました。もう少し自然に混ぜれたらよかったんですけど…。

 

 

モフモフ感と安定感を出すためにお腹にも肉付け。

かなりの量の羊毛フェルトを足しました。




f:id:omitsublog:20181124121206j:image

 

 

 

 

仕上げ

 

形が定まって肉付けも完了したら、後は極細ニードルでひたすらに刺してケバケバをなめらかにしていきます。

 

 

ニードルでどうにもならなそうなものはハサミで切りますが、ひたすらに刺して刺して刺して…

 

 

 

完成☆

f:id:omitsublog:20181123134708j:plain

 



f:id:omitsublog:20181124121250j:image

f:id:omitsublog:20181124121254j:plain



 

ころころまるまるのスズメです。いかがでしょうか?

手探りでやっている私ですが、誰かの参考になれば幸いです。

 

 

100円ショップの羊毛フェルトでやっていましたが、もうそろそろ手芸店の羊毛フェルトをかってみてもいいかもしれません。使いやすさや仕上がりをくらべるのもたのしいですね!

 

 

 

 

おみつ。