ひきこもりのおとも

おうち大好きおみつがひきこもって更新します

【オススメ漫画】 ”エンバンメイズ”

 

www.omitsu.work

 

 

オススメ漫画 エンバンメイズ

作者は田中一行さん

 

 

 

あらすじ

 ”迷路の悪魔”と呼ばれるダーツプレイヤ―烏丸徨。彼にとってダーツとは、狙った的を外さなきゃ勝てるなどという単純なものではない。狙いを外さないことが前提の闘いに必要なものは、技術ではなく、何事にも揺らがない精神力。烏丸は迷路に誘い込み、対戦相手の精神を蝕んでいく______。

巨万の富と、命を賭けて闘うダーツアクション。

 

 

 

全6巻完結です。

 

 

以下感想ネタバレアリ

最初見たときかなり衝撃的でした。漫画ボックスで無料掲載されている時に読んで、即ハマり、即単行本を買いました。ダーツをやったことなければルールも知らないですが、全然問題ありませんでした。毎回ルールは違うし基本的に心理戦ですし。

 

 

ただ、絵も話もキャラも独特な雰囲気があるので、苦手な人は苦手かもしれませんね。そういう独特な雰囲気が[魔人探偵脳噛ネウロ]になんとなく似てるんですよね~。話は全然違いますが。もちろん私はネウロも大好きというか、人生の中で一番好きな漫画です。なので、ネウロ好きな人は絶対ハマると思います!!

特に2巻の”下品だろ?こういうのは”のコマがネウロみがあって好きなんですよね。主人公のくせに悪役っぽいところがネウロっぽいのかな?ダークヒーロー的な??

なんかネウロばっかになってしまいそう。ネウロのことはまた今度書きます。

 

 

毎回違うルールでの闘いが魅力なんですが、たまにルールがややこしすぎて、???ってなってしまっていたんですが、私だけでしょうか…?清六との闘いのルールが特にわからなくて、

”先攻の烏丸が先に目標得点に達するには、清六が直前に選んだものと同じものを選び続けなければならない”

って、え、なんで?っていまだに分からないんですが…。1ラウンドで先行の烏丸が得点は取らなかった、清六は得点を取った。そこから清六と同じものを選んでいっても、烏丸が先に目標得点に達することはないのでは…?って私は思うのですが…うーん??まぁ、最終的に烏丸は得点取ることはなかったし、あまり深く考えなくていいかな…。

 

 

ミヤコとの闘いはルールもシンプルで分かりやすかったし、その中でも烏丸のダーツの実力がえげつない事が見られる神回でした。 最後のどんでん返しもよかったー!ミヤコは断然、髪下ろしてたほうが好み。

 

 

キャラはやっぱり烏丸が一番好きですが、鈴音もかわいくて好きです。二人の関係性も何とも言えない感じで好きです。恋人ではないけれど、かけがえのない存在。

全6巻で最後まで面白いままで完結したんですが、もっと続いて欲しかったー。ハラハラの心理戦も、烏丸と鈴音の関係性も、もっともっと見たかった…。

 

 

でも作者様、新たな作品の連載中みたいですね。

[概念ドロボウ]ですって。タイトルからして面白そう!!

 

 

試し読みできるみたいです↓

www.moae.jp

 

 

早速読んでみました!単行本、買う!

エンバンメイズも大好きだけど、新たな連載作品も応援していきます!

 

 

 

www.omitsu.work

 

 

おみつ。