omitsublog

”楽に楽しく生きたい”自分と誰かのためになることを目指したブログ。愚痴で共感したら、心を楽にする心理学を知り、漫画を読んで楽しんでもらいたい。

【オススメ漫画】”フルーツバスケット1巻”自分が間違っていると受け入れることはなかなか難しい。


f:id:omitsublog:20190421141620j:image

2019年4月フルーツバスケットが再アニメ化ということで、もう一度漫画を読み返しています!面白さ、魅力を1巻ごとにお伝えしていきたいと思います。

 

オススメ漫画 ”フルーツバスケット” 作者は高屋奈月さん

 

 

あらすじ 

3歳で父を失い、女手一つで育ててくれた母も突然の事故で失った本田透(とおる)。天涯孤独の身となりながらも高校生活を続けるため、テント暮らしをすることに。だが土砂崩れでテントをも失ってしまう。そんな透に手を差し伸べたのは、不思議な宿命を持った草摩一族のものたちだった___。

 

 

 

 

以下ネタバレ感想

改めて思ったのですが、異性に抱きつかれると動物に変身してしまうって、めっちゃ不便じゃない!?人混みとかどうするの?抱きつかれるとっていうのはどの程度のことをいうのでしょう?でも、透がふらっとして胸にもたれかかっただけで変身していたから、人混みはやっぱり無理そうですね。

由希くんは特に変身したらネズミだから、なんかぷちっと踏みつぶされちゃいそうで怖い…。しかも、由希くんはなんとなく人との物理的な距離感が近い感じ。精神的には一線を引いてるくせに、物理的にはそんな近づいて大丈夫?ってくらい近い。口説いてるわけではないのに、壁ドンとかし始めるし。小悪魔や…。自ら人と距離を詰めているのに、今まで(幼少期の事件以来)よく変身しないでいられたねってくらい。いや、でも私はそんな由希くんが好きなんですけどね。由希くん推しです。透を迎えにきた由希くんとか、王子すぎてやばいですっっ!!透ちゃん呼ばわりするなってキレたところもやばい!!好き!!

 

でも、人気があるのは夾みたいですね。私は夾の事は”ギャーギャーギャーギャーうるさくてやかましい男だな”といった印象で最初は好きになれなかったです。でも、自分は人付き合いが苦手と自覚して、苦手だからこそ今の自分の言い方が正解だったかどうか考えたり、怒鳴った後にハッとして後悔したり、言い直したりがんばって自分の気持ちを伝えようとしていて、不器用で可愛い子なんだなと考えを改めました。言い方を間違えてしまう時もありますよね。けど、自分が間違っていたって受け入れることはなかなか難しい。それができる夾は、不器用だけどいい子なんですよね。

紫呉は何考えてるんだかよくわからなくて怖いです(笑)

透は底なしにいい子ですね。私も人を疑うより信じて誰にでも優しくできる、でも逆境に負けない強さも持っている透みたいな子になりたかったものです笑 人は疑うのを前提に生きています。

 

「人は優しさをもって生まれてこない」

「人によって良心の形は違うんだ」

改めて、素敵な言葉が溢れている作品ですね。昔の少女漫画特有のノリみたいなところはありますが、何年たっても色あせない名作です。

 

 

おみつ@ブログ書いてます (@OmitsuW) | Twitter