omitsublog

”楽に楽しく生きたい”自分と誰かのためになることを目指したブログ。愚痴で共感したら、心を楽にする心理学を知り、漫画を読んで楽しんでもらいたい。

物事を成功させるために進むべきルートは、DP?SO?


f:id:omitsublog:20190514230250j:image

 

物事を成功させやすいルートはDPとOSの二種類があります。自分のタイプを知ることによってどちらのルートに進めば成功しやすいのかをご紹介。

 

 

DPとSO

DP・・・防衛的ペシミスト

物事を失敗するかも…失敗したらどうしようと考えてしまうタイプ。ネガティブ

 

OS・・・戦略的オプティミスト

まぁなんとかなるっしょ!と失敗が怖いとはあまり考えないタイプ。ポジティブ。

 

ポジティブは持ち前の前向きさから、行動力があり挑戦力があります。

それに比べネガティブというのはなんとなく悪いように思われがちですが、実はネガティブの方が集中力も高く注意深くもの事を考えることが出来ます。ポジティブになりたいという方はたくさんいると思いますし、私も前はポジティブになりたいと思っていましたが、どうせ無理なのでネガティブを受け入れて使い方を覚えた方がいいということですね。

 

www.omitsu.work

 

 

 

DPが成功するには

失敗するかも…と考えがちなネガティブDPが成功するのに必要なのは”念入りな準備”です。準備を人よりたくさんやることによって、成功率をあげていく戦略です。

とにかくなんでも数打てば当たるという考え方もありますが、DPタイプの場合にそれをやって失敗体験を重ねてしまうと「また失敗するかも」と、失敗に対する恐怖で行動に移せなくなってしまいます。

行動に移す前に自分が失敗したところを想像して、その対策を考え念入りに行動するための準備をして成功率をあげていこうというわけですね。

 

 

 

SOが成功するには

まぁなんとかなるっしょ!のポジティブSOが成功するのに必要なのは”トライ&エラー”です。失敗を恐れないSOタイプはとにかく行動あるのみです。そこで失敗や成功の経験値を得て、成長していく考え方。

行動する前に自分が成功しているところを想像すると、その物事に対しての成功率が上がるそうです。

 

 

まとめ 

DP・SOどちらがいいというわけではなく、自分性格に合った戦略で物事の成功率を上げていこうというお話でした。ちなみにアジア人、特に日本人はネガティブが多いのでDPの戦略を使った方が成功率は高くなるそうです。

 

さらに詳しく知りたい方はこちらの動画を見てみてくださいね。


ポジティブになろうとして失敗する人のやりがちな2つの行動【ネガティブな方がうまくいく】