ひきこもりのおとも

おうち大好きおみつがひきこもって更新します

【漫画感想】 ”フルーツバスケット16巻” 「俺を選べよ」はヤバい。


f:id:omitsublog:20190528162958j:image

 漫画感想 ”フルーツバスケット16巻”

 前回記事

www.omitsu.work

 

 

 

あらすじ

幼い頃、透の母の今日子と出会っていた夾。今日子が夾に語ったのは親に愛されず荒んでいた頃に出会った透の父、勝也と出会いと別れ。その記憶がよみがえった夾の心の内は_。

 

 

 

 

 

感想ネタバレアリ

透の父がどんな人間だったか詳しく書かれるのは初めてですよね?

普段は物腰柔らかで口調も丁寧のくせに意外と一人称は「俺」だったり、大事な時はちょっと荒い口調になる勝也。個人的にこういうの結構好きなんですよねー。ギャップ萌え。「俺を選べよ」はヤバい。これはきゅんきゅんする。

でも冷静に考えると相手はまだ中学生なんだよね…。見た目が中学生ぽくないからまぁまだなんとなく見れてるけど、杞紗だって中学生だからね。杞紗に「結婚したい」とか言い出したら確実に通報案件だよね。

でも透はどっちにも似てないんだなぁ…。口調はまぁ置いておいて、性格も顔もどっちにも似てないよねぇ。

今日子の親の電話から察するに、透は母方の祖父母と面識がなさそうだけど、正直あの娘からこの孫が生まれてきたって知ったらびっくりするよね。似てなすぎて。偽物を疑う。

 

以前、透がおじいさんの見舞いに行った時に「会いたいなんて言わないで」みたいな事言ってたけど、それは幼少期のトラウマからでた言葉だったんですね。寧ろおじいさんを通り越して昔の母親に対して言っていたなんてこともあるかも。自分が目の前にいるのに、母親の目には映っていなくて…更に「会いに行きたい…」なんて言われたら、トラウマにもなるよなぁ。”自分は母親が生きる理由にはなれないんだ”って事でしょう。

 

透と夾は昔のことで闇に落ちて行ってる感じがありますが、由希くんはどんどん強く明るい方へ向かって言ってる感じ。

真知も初めて感情を露わにして人間らしい表情をしていましたね。由希くんも透以外の女に素の笑顔を向けるのは珍しい。「可愛かったね」なんて本人には言ってないにせよ、透以外にそんな事を言ったのも初めてじゃないですか。まぁ変にそんなこと言ったら簡単に惚れられちゃうし、迂闊にそんなこと言えないと思いますが…。

 

 

慊人は突然切れて花瓶で頭をぶん殴るって、ヒステリックすぎてやばいでしょ…。頭おかしい。呪いはあるにせよ自分は十二支たちに嫌われてないっていう自信が半端ない。