omitsublog

”楽に楽しく生きたい”自分と誰かのためになることを目指したブログ。愚痴で共感したら、心を楽にする心理学を知り、漫画を読んで楽しんでもらいたい。

【漫画感想】”フルーツバスケット19巻” 幽閉の事は諦めてるくせに透の事は誰にも渡したくないんだなぁ


f:id:omitsublog:20190602172555j:image

漫画感想 ”フルーツバスケット19巻”

前回記事

www.omitsu.work

 

 

 

あらすじ

十二支の呪いが解けるのが「いつか」では遅いと夾を想う透。そして、紫呉に現実を突き付けられる。透の母・今日子の墓前に一人向かった夾は、透の新たな一面を知らされる_。

 

 

 

 

 

 

感想ネタバレアリ

・透は死んだお母さんをいつまでもいつまでも優先して考えなくてはいけないと思ってるみたいだけど、そうである必要はないのにね。忘れる必要はないけれど、生きてるうちに大切なものが増えるなんてことは当たり前のことだよ。夾が一番だっていいんだよ。呪いの事に加え、過去の事やお母さんの事を考えすぎてて押しつぶされてしまいそう。

そんな透に更に重圧を与える紫呉~~!!「良かった アレよりはマシだ」「他の十二支にも訊いてみるといい”幽閉を知ってたんですか 心の底では見下してたんですか”って」ってさぁ…。ちょっと透の事追い詰めすぎでは…。いや、実際そうなんだと思うし、現実でも他者を見下すことで自尊心を保つって事はよくあると思うけどさ、よりによって透に言うか~??サイコパスめ!

 

・おじいさんはボケてるわけじゃなくて、わざと透のことを今日子さんって呼んでたんだね。しかもとっても悲しい理由。透の敬語口調もとっても悲しい理由。母親にも似てないのにわざわざ「父親に似てない」って言う親戚。こういういらんこという人間ってどこにでも湧くよなぁ。

このこと知った夾が父親の話を透に振ったのは父親の事を吹っ切らせるためなのかな。興味本位で突っ込んでみた!なんてことはないだろうし、きっとそうなんだよね。

 

・一緒に仕事した相手に「名前覚えてない」って平然と言う綾女やばい。

 

・大きくなった紅葉最高ですね!!「僕だってやっぱり男だから」って透に微笑んだのも「自分以外の男にトールと奪われたら悔しくないの?」って夾を煽ったのも最高ですよ!透のことが本当に好きなら、夾は邪魔なはずなのに。夾も幽閉の事は諦めてるくせに透の事は誰にも渡したくないんだなぁ。

 

・ヒロはなんとなくクソガキ卒業してきてまぁ普通に見れるようになってきたけど、翔は相変わらずクソですね!!「あんたムカつくね」ってお前だよ。お前の女の父親が透の母親を殺したんだろうがよ!よくそんな口聞けるわ。「笑ってるのも、俺の事思い出さないのムカつく」って何様だよ。なんで透が謝らなきゃいけないんだよ。確かに親を亡くしてるのは一緒だけど、「あいつ一人不幸面されちゃたまんない」ってそっちサイドが言っていい事じゃない。そもそも翔なんて部外者だしな。そんな男といつまでも付き合ってられるんだから小牧もしょうもない女だよな。「守ってくれるようとしてくれます」って、それで透に暴言吐くような男なんだけど…。

 

 

・由希くんは何が欲しい?って聞かれて即答するくらい、”自信”がまだないのか…。