omitsublog

”楽に楽しく生きたい”自分と誰かのためになることを目指したブログ。

【漫画感想】 ”フルーツバスケット 21巻” 慊人って一人で外出れたんだ


f:id:omitsublog:20190611115007j:image

 漫画感想 ”フルーツバスケット 21巻”

 

前回記事

www.omitsu.work

 

 

 

あらすじ

夾に自分の気持ちを伝えた透。しかし、夾は透の母親を見殺しにした過去を告白する。自分を許せない夾は透を置いて立ち去り、ひとり残された透の元に慊人が刃物を手に現れ_。

 

 

 

 

感想ネタバレアリ

・「根拠なんてない 必要ない ”悪い存在”でいてくれればいい 不都合な事は”悪い存在”のせいにして、自分は忘れたフリできればいい。”悪い存在”をただ憎んでればいい…」ってこういうのは現実でもよくある事じゃないかな。生きるのが辛くて目を逸らして生きていくのは簡単だけど、勝手に悪者にされた方はたまったもんじゃないよね。夾だって、元々比べて馬鹿にしてたのは由希くんじゃないでしょ。でも、由希くんを悪者にすれば心が楽になったっていう気持ちもわかるよ。結局自分の心が一番大事で守ってしまうのも分かる。人間だもん、しょうがないよね。

 

・「永遠や不変を言葉にするのは そうしなければ こわくて仕方がないから」なんて慊人に図星言っちゃダメでしょ…煽ってるの?笑 「愛される保証もないのに そんな他人に囲まれて生きてなんていけない」それが「怖い」なんてねぇ…。普通は誰もがそんな保証なく生きてるんだよ。まぁ、生まれた時から”愛されるために生まれてきた特別な子”なんて言われて育てられてれば、そういう風にもなるよね。ある意味、慊人も被害者と言えば被害者。だからと言って今までの事が許されるわけじゃないけど、人が崖から落ちて取り乱すぐらいには人の心があったんですね。杞紗はボコボコにして、はとりの目を壊して、リンの事は2階から突き落としたけど。

 

・透の無事を祈る草摩家の面々の中でも、祈るようにうずくまってるリンが印象的でした。

 

・「お前になりたかった」って由希くんと夾がお互いに言い合ったところで泣いてしまった。やっとお互いがそう思ってたこと、認識できたんだね。

 

 ・紅葉って最初から最後まで結構大事な役どころですよね。割といつも大事なセリフを言っている印象です。

 

・何回読んでも、由希くんと真知がくっつくのが納得できないというか、なんというか…。別に真知が嫌いなわけではないんですが、やっぱり由希くんは透とくっついて欲しかった気持ちが強いからかな…。でも別に、透が夾とくっつく事はそんなに嫌じゃない…。由希くんが透とくっついて欲しかったというか、由希くんは透を好きでいて欲しかったのかな。恋愛対象として。なんだよ”オカン”って…。しかも、透は”オカン”だって気付いてから真知に気持ちが行くまでが早いよ…。こっちの気持ちが追い付かないわ。

由希くんが幸せならしょうがないけども。

 

 

 

関連記事

www.omitsu.work

www.omitsu.work

www.omitsu.work

 

 

 

 慊人って一人で外出れたんだねぇ