omitsublog

”楽に楽しく生きたい”自分と誰かのためになることを目指したブログ。

若槻千夏さんが現役教師に「おかしい!おかしくないですか!おかしいじゃないですか?!」と喚き散らす様が”モンペ”だと話題に。その後謝罪するも非難の声は止まらず。


f:id:omitsublog:20190723165808j:image
若槻千夏さんが現役教師に「おかしい!おかしくないですか!おかしいじゃないですか?!」と喚き散らす様が”モンペ”だと話題に。その後謝罪するも非難の声は止まらず。 

 

問題の発言

「newszero」で教員不足問題を放送した際に若槻さんが出演。

その中で全国の小中学校で教員が不足し、1人の教員に業務が集中し、勤務時間外もプライベートの時間も削って対応するなど深刻な状況が紹介されました。

スタジオ出演した現役小学校教師が負担を減らすために勤務時間外の18時以降は電話に出ないといった対策をしている事に対し

 

若槻千夏さん 「何かあったらどうするんですか?」

先生 「何かあったときは学校の役目では無くて、例えば、万引きがあったときは警察の役目ですし、他に何かあっても親の役目と思うんで。勤務時間を超えて教員がやるのは、今後無くなっていくんじゃないかなと。」

若槻千夏さん 「なんか寂しいですけどね。だって、もし子どもが帰ってこないって心配になって捜すけど、見つからなかった時には学校に電話するのが親だと思うんですよ。」

若槻千夏さん 「それも対応してくれないって事ですよね?」

先生 「対応って事は、警察が対応してくれますし…」

若槻千夏さん「寂しくないですか?だって、ごくせん見て育ったでしょ?みんな金八先生見たでしょ?心ですよ。そこはビジネス化したら駄目でしょ?」

先生 「そういう意見もあるんですけど…」

若槻千夏さん 「そういう意見もあるんですよ。それをしてるんじゃないよ!おかしい!おかしくないですか!おかしいじゃないですか?!」

先生 「金八先生のようなやり方をしてきたから、なり手がいなくなった」

若槻千夏さん 「いや、、、まだいるはず。そういう事は、そこが全てじゃないですよ」

若槻千夏さん 「(全国で留守番電話対応が広がっている事に)気持ちはわかりますけど、別に減らせばいいとこあるじゃないですか?そこじゃないと思う、私はそこじゃないと思う、すいません深夜に大きい声出して」

 と、人の声をかき消すように喚いていた様子。

 

 

 

ネットの声

 

 

 

 

インスタグラムでの謝罪

 

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

news zero における発言について この度は、自分の発言により、 先生や先生に関わる方々、 また視聴者の皆様に 大変不快な思いをさせてしまう内容に至ってしまいました。 軽はずみな発言を反省しています。 私の発言の意図は、 「先生の負担を増やしたい」 「先生に過重労働をして欲しい」 「先生に自分の子供の責任をおしつける」 という意味では全くございません。 毎日ご一緒する 先生方のとの繋がりが、 子供達や保護者にとっての 安心のよりどころになっている事もあり、 そこをきっぱり割り切ってしまわれるというお話に対して、 一個人として、 悲しさを覚えてしまったのは事実です。 ただ、このような発言が、 過重労働で大変な思いをされている 先生方の心や身体の負担に繋がり、 そのようなプレッシャーから 先生になりたい方が減少してしまうという 日本の「教師」という職業の 現実問題と大変さを改めて痛感しました。 課題になっている「教師」いう職業の現状の労働環境をしっかり理解して、 先生方の負担をどうやったら減らしていく事ができるのか? 自らも意識して考えていこうと思いました。 この度は 私の軽はずみな発言から 一生懸命働く先生方達を傷つけてしまった事、 心から申し訳ないと思っています。 丁寧なご指摘感謝いたします。 これからも、 未熟な私にご指摘宜しくおねがいします。

若槻千夏さん(@wakatsukichinatsu)がシェアした投稿 -

 

 

 

個人的意見

なんでもかんでも教師に丸投げっていう親は結構多いみたいですね。

実際に子供がいなくなって警察より先に学校に電話する親も多いみたいですし。テンパってると判断がつかなかったり、学校が居場所知ってるかも!連絡網回してくれるかも!って感じなのかな?知らんけど。学校に”も”連絡は必要だとは思いますけどね。

本気で捜索したいならまず警察では?学校より警察の方が捜索力は優れているだろうしと個人的には思います。 

モンペってどうしてこう、感情論で他人を奴隷にしようとするんだろうか。自分の子供がいくら可愛くても、他人からしたらそうじゃないかもしれない。はっきり言うと、全く可愛くないことは肝に銘じておいてほしい。

 

 

 

関連記事

 

www.omitsu.work

www.omitsu.work

www.omitsu.work