ひきこもりのおとも

おうち大好きおみつがひきこもって更新します

【漫画感想】“かぐや姫のかくしごと 2巻”  天上の人間とはいえ刺されたら普通に怪我するのね

“かぐや姫のかくしごと” 2巻

 

前回記事

www.omitsu.work

 

 

 

あらすじ

天上から来た俺様男子のかぐや様。彼の呪いを解く手伝いをするツバキは、宝探し中に帝から求婚され_。

 

 

 

 

感想ネタバレアリ

2巻にしてもう最終回です…。もっと続くと思っていたので残念。

前回、蓬莱の玉の木が見つかり、さらに宝を集めていくうちにかぐや様とツバキがくっついていくんでしょ?そうなんでしょ?とか思っていたのですが…。

 

今回は終盤だからか、割と素直にデレているというか…お互いがお互いのことを思いあってる感じの描写が初っ端からありましたね。

屋敷にやってきて奥さんにならないかと言う帝からツバキを庇うかぐや姫。帝にからかわれて素直になれず、結局ツンデレ。でも帝に攫われたツバキを迎えにいっちゃうあたりホント好きなんだなーって感じでした。しかし、帝には二人の仲を引っ掻き回して欲しいとは思ってましたが、ちょっと雑だし下手(笑) いやでも、かぐや様の壁ドンが見れたから良しとしようかな(笑)

帝のこともなぁもっと掘り下げて欲しかったところですが、しょうがないね…。

 

帝の奥さん騒動が終了し、二つ目の宝「龍の頸の珠」探しに向かう一行。宝をエセ信仰に利用されたかぐや様はプンプンです。宝を取り返す中で村人に刺されるかぐや様ですが、天上の人間とはいえ刺されたら普通に怪我して普通に死にそうになるんですね。

丈夫・不死・回復が早いとかはないんだな~。でもその後戦えるくらいには丈夫と言えば丈夫?

 

そして村長から龍の頸の珠を取り返し、屋敷に戻ってきた一行。そしてかぐや様がツバキに向け「俺はいずれ天上に帰る時が来る。それでも俺のそばにいてくれ。この俺がそばに置きたいと思うのは、お前しかいない」といったセリフで物語は終了です。

やっぱりもっと見たかったですね。二人がくっついていく過程をもっとゆっくり見たかった。

天上に戻るとか戻らないとかの葛藤をさぁ!見たかったよ!!!ツバキとさよならして天上に戻るのか、ツバキを天上に連れていくのか、人間界にとどまるのか、ツバキだけが年をとって死んでいくのかとかとかとか!!そういうのが人外ものの見所じゃないですか??…かぐや様って人外かな??

ともかく、そういった二人の仲の障害的なものが見れるのかなーって期待してたんですけどね…。まぁそんなこと言ってもしょうがないんですけども。もっと見たかったですが楽しかったです。素敵な作品をありがとうございました。

 

超個人的MVP

 「主人の前で侍女を口説くとはいい度胸だな」のかぐや様

 

 

関連リンク

 

 

www.omitsu.work

www.omitsu.work