ひきこもりのおとも

おうち大好きおみつがひきこもって更新します

【漫画感想】 “魔入りました!入間くん 5巻” ケロリがアブノーマルクラスにいる理由ってなんだろう

魔入りました!入間くん 5巻 ※順番があべこべでの更新となっています。

週刊少年チャンピオン連載 作者:西修さん

 

前回記事

www.omitsu.work

 

 

 

あらすじ

「師団披露」で大きな花火を打ち上げた第一人者としてさらに注目の的となった入間。そんな入間を人間なのではないかと疑う者が現れ、接近を図ります。更に、魔界のアイドル・くろむにも目をつけられて_。

 

 

 

 

感想ネタバレアリ

キリヲの計画を無事に阻止できたイルマくん。そしてキリヲは長年の野望が壊され絶望の顔を見せます。そして、絶望した自分の顔にうっとりするという最後までサイコなキャラを貫きました。

なんというか…絶望した自分の顔でうっとりしちゃうんだったら、それはもう絶望ではなくなっちゃう感じがしますが…。

そして、連行されたキリヲの処罰について、サリバンは「実害がないから減刑はあると思う」との事でしたが…いや、リアルでもそうだとは思うんです。でもさ、やろうとしたことは事実で、たまたま邪魔が入ったからできなかっただけであって。

長年の野望が叶わなかったわけだから、外に出てきたらそれを叶えるためにもう一回同じようなことするよね?って思うんですよね。改心しない限り。今回できなかったからこそ、次は失敗しないように、もっと被害が出るようにと考える気がするのですが。まぁ法の限界ってところですかね…。

そんなサイコパスの減刑を聞いてほっとできるイルマくんはやっぱりピュアお人好し。そんな君が好きです。

 

キリヲ騒動も終わり、バトラパーティ本祭ということでみんなの家族が次々に登場します。 クララが長女ってことが驚きですね。学校ではあんな感じだけど、家では弟妹の面倒を見るのかな…?ちょっと恐ろしいね(笑)

アズくんの美しさは母譲りだけど、性格は似てないね。父はどんな感じなんだろう。気になります。

そんなこんなで本祭も終わり、優秀師団表彰式ではサキュバス師団、魔術開発師団、放送師団がそれぞれ表彰され、入間くんたち魔具研究師団は特別に設けられたトリッキーで賞を受賞。入間くんはランクを一つ昇格させました。

表彰されている中で「貴様は自分の危険に慣れすぎている癖がある」「もっと教師を頼れ」ってカエルゴ先生に説教されるイルマくん。確かに先生の事はすぐ呼べるんだよね?使い魔だもんね?でも困ってる時にイルマくんが先生を召喚した事ってないよね~?カナキリの長と対峙した時も「なんで呼ばなかった」って言われてた。それ対して「どちらかが怪我すると思ったから」みたいなこと言ってたけど、基本的に“人に頼る”ってことが本当にないんだな入間くんて…。

そして、バトラパーティも終わり日常が戻ってきますが、イルマくんは花火の事で目立ってしまったため、望まずとも注目を浴びることになってしまいます。そんな中アメリの父が入間くんに対し人間なのではないか疑いを持ち接近を図ります。

人間だったとしても人間界に帰すだけで悪いようにはしないようですが、記憶を消しちゃうのか…。魔界に馴染んできているイルマくんにしてみたらそれは酷な話。人間界にいたころよりも生き生きと楽しそうだからね…。今回はなんとか人間だとバレずに済みましたが、バレたらアズくんは?クララは?アメリは?どんな反応をとるのかなっていうのは気になるところですね…。

 

キリヲのこともあり、なにかとぼんやり気味のイルマくん。そんなイルマくんを元気付けようと躍起になるアズ君とクララ。この二人ってなんだかんだ言って仲いいんだよなぁ。アズくんも文句言いつつもムキになって争うってことは、それなりにクララを認めて(?)はいるんだろうなって思います。アズ君は興味ない人との会話は目を合わせないで当たり障りのないこと言って終わらせるタイプ。絶対そう。

最後はアクドル・くろむとして活動しているクロケル・ケロリのお話。

めちゃくちゃかわいく~みんな見とれて足止める~みたいな設定なのですが…正直、個人的にはそんなに可愛いと思えません。なんかすごくムチムチしてるイメージがあるし、うーん…って感じ。

イルマくんも不思議がっていましたが、なんでこの子アブノーマルクラスにいるんだろう?成績はあんまり良くないっぽいけど、そういうので選ばれてる感じじゃないよね。アブノーマルクラスって。主に素行が重視されてる感じだけど…アクドルだからか??謎ですね…。

 

超個人的MVP

真顔で「トリッキーで賞」って言うカエルゴ先生

 

 

関連リンク

www.omitsu.work

www.omitsu.work

www.omitsu.work